配布用の缶バッチ制作するには業者に依頼するのが一番

缶バッチ

缶バッチ制作をする際の注意

イベントでの配布や企業などの記念品として使われることの多いのがオリジナル缶バッチです。自分で缶バッチを買ったことはなくても何かしらの記念品やノベルティとして貰ったことがあるという人は多いのではないでしょうか。そして家中を探せば、缶バッチの一つや二つどこかから出てきそうですね。
さてそんな缶バッチをオリジナルで作るには、専門の制作業者に依頼をします。
この缶バッチはイベントや企業で用いられることが多いため、大量注文しかできないようなイメージがあるかもしれませんが、探せば一個からの注文に応じてくれる業者もちゃんとあります。ただし大量注文に比べると小数での注文は一個あたりの単価が割高になってしまうかもしれません。
そして缶バッチ制作を業者に依頼するにはまずそのデザインを決めなくてはなりません。このとき他人のデザインを使うことは著作権侵害に当たる可能性があるため注意しましょう。とはいえ少量を個人で楽しむ分にはそこまで気にする必要はないかと思われますし、著作権侵害だと当たりそうだと判断すれば業者側で指摘してくれると思われます。こうしてデザインを決め注文した缶バッチ制作はその数にもよりますが、完成までには二日から一週間ほどかかります。

缶バッチ制作と入稿

缶バッチのデザイン作成から入稿までの方法はいくつかあります。まずデザインの制作に関してですが、手書きイラストや写真などの他に画像制作ソフトを使う方法などがあります。この写真に関してはスマホで撮影した写真を使うこともできます。さらに業者によって入稿データの形式が異なってきます。たとえばJPGやGIFなどがそれに当たります。
次に入稿方法ですが、郵送や画像制作ソフト等で作られたデータを業者のサイト上でアップロードするなどの方法があります。
また缶バッチ自体の形状にもいくつかの種類があります。もっともポピュラーなものは円形ですが、四角や楕円、ハートなども用意されています。もちろん小さなものから大きなものまでサイズもいろいろあるので、インパクト重視なら五十ミリ以上のもの、アクセサリー感覚でつけるなら三十ミリ以下のものという風に目的に応じてサイズ選びをすると良いでしょう。
もしかするとデザインを決めても缶バッチになるとどうなるのか、具体的なイメージが湧かないなんて不安に思う人もいるかもしれません。ですが制作業者のサイトには入稿用のテンプレがいくつも用意してあるので、イメージも湧きやすいのではないかと思います。

缶バッチの制作を業者に依頼するメリット

今ではおうちでも手軽に安く作れる缶バッチですが、業者に依頼する意味があるのでしょうか。缶バッチを制作するにあたって費用やクオリティー、デザインなど様々なことを検討しなくてはなりません。缶バッチの制作を依頼することでメリットがいくつかあります。
まずは缶バッチの制作を業者に依頼することによるメリットは「ハイクオリティーの缶バッチができること」です。業者によってはデザインやバッチの形など細かいところまでオーダーを聞いてくれるところもあります。
もうひとつのメリットは「時間や労力を大幅にカットできること」です。缶バッチを家で制作しようとすると時間や労力が結構必要になります。業者に任せることでこの時間や労力を減らすことができたら他のことに時間を費やせるので効率よくなります。お金の面に関しても自分で材料を集めて缶バッチを作るより業者に任せる方が安くできる場合もあります。
今の缶バッチはピンがついているものだけではありません。小さな子供や高齢者にピンを使用している缶バッチをつけるのを不安に思う人もいています。そのため、ミラー型やキーホルダー型、マグネット型などといったタイプの缶バッチもありますので、検討してみてください。

色々選べるから嬉しい缶バッチ制作

缶バッチをオーダーメイドで制作する時には、デザインばかりに気を取られがちですよね。何しろ自分好みのこだわりがあるデザインでしょうから、それが少しでもキレイに映えるように色やサイズなどを事細かに選んでいくはずです。 ただオーダーメイドの缶バッチにはデザイン以外にも色々と種類があります。例えば安全ピンではなくクリップやマグネットで付けるタイプもありますし、ヘアゴムの付いたものまであります。これら安全ピン以外の缶バッチの利点は、使う時に穴が開かない、さらに危険がないということです。とくに子供が缶バッチを身に着ける場合、安全ピンではどうしても不安ですよね。そんな時にも男の子ならクリップやキーホルダー、女の子ならヘアゴムなどと安全に缶バッチを身に着けることができます。 このようにデザインだけではなく、他にも色々選べるのがオーダーメイド缶バッチ制作の良いところです。どうせならとことんこだわって、とびっきりステキな完成品を手にしちゃいましょう。 さらに缶バッチの種類は制作業者によってこの他にもバラエティ豊かなものが取り揃えられているので、ネットでいろんな業者のサイトを覗いてみると良いかもしれませんね。きっとコレだと思う缶バッチに出会えるはずです。

NEW ARTICLE

缶バッチを制作は誰でも簡単

みなさんは、缶バッチ制作をしたことがありますか?缶バッチ制作では、自分達で作る方法や業者さんに…

VIEW DETAIL

缶バッチ制作でお気に入りのものを作る

缶バッチを制作する際には、費用、デザインといった様々なことを検討する必要があります。缶…

VIEW DETAIL

缶バッチの制作方法

缶バッチといえば色々なデザインがあり、服やカバンにつけるなど様々な使い道のあるアイテムで、持っ…

VIEW DETAIL